MAIKO COLORS

— ART, FASHION & MORE !

Celsius : CASHI

【Japanese version is below; 日本語は下にあります。】

Since its inception in May 2008, the Nihonbashi-Bakurocho gallery CASHI has made greatest efforts to discover emerging talents of Japanese young artists and to promote at its gallery space. Corporated occasionally with many outside independent art directors, CASHI, now the 8th year, has been an enticing platform dedicated to sharing unique perspective casting new light on individuals. The gallery’s ongoing group exhibition “Celsius”, however, is not only a showcase devoted to young artists’ works but to others’ in order to read ‘temperature of the current era’; bringing 5 remarkable artists’ works into it from rich field of activity, the exhibition lets viewers focus more on the aspect of possibility of creativity and how it’s been shared and changing. As stated in the title, ‘Celsius’ can be converted into another form, ‘Fahrenheit’, to read temperature, which implies expressions never adhere to a single perspective — this sounded equally intriguing and exhilarating to me.

日本橋馬喰町のギャラリーCASHIは、2008年5月のオープン以来、若手作家がもつ表現方法の特性や魅力を発掘することに大きな焦点を置き、展覧会の企画・開催に努めている。
2008年からギャラリーのミッションを具体化する方法の一つとして継続して開催してきたグループ展シリーズ「100 Degrees Fahrenheit」。それと対比させた現行の展覧会 — 若手作家だけでなく「今の時代の温度」を表す、注目の作家5人の作品を集結させた展覧会、「Celsius」は絶えず意識が誘導されるのを感じる空間だ。また、Celsiusが展示タイトルとして、温度の感じ方、表記基準、共有方法は常に同時に複数であることを暗示しながら Fahrenheitと対角線上に置かれているという内容は、爽やかに、張り詰めた緊張感を感じさせる。

fukui 2 -Nobuhiro Fukui, installation view at exhibition “Celsius”

Nobuhiro Fukui – Fukui’s pursuit in photography has become visible in Tokyo, Berlin and Switzerland along with gallery exhibitions and competitions such as at Tomio Koyama gallery, Parzelle403 and Paris Photo, and he is a founder of the photography workshop “291 workshop”. The curators of this exhibition have observed one of the patterns in photographs posted on artist’s personal blog which there’s a distinct difference in them – which is more emotional and physical arranged by colors – in contrast to the well-known forms of his past works as to how to explore the relationship with objects; it is great to see how artist have chosen several different working materials.

福居伸宏 : 写真での表現方法を追求する作家として、東京を中心に、ほか国外ではベルリン、スイスでも個展を行ってきた福居氏の活動内容は多岐にわたる。また、現在、写真ワークショップ「291 workshop」の主宰を務めている。今回出展する内容は、これまでに自身のブログ上のみで露出がされてきた作品シリーズ。夜景を中心に撮影し、表現を開拓してきたこれまでのアプローチとは一味違った内容で、昼間の風景、人の体の形状の一部が被写体となった作品、木製パネルの使用など、温度の変化を多角的に表現し、鑑賞者の中に眠っている記憶や感覚に訴えかける。

niihira -Seishu Niihira, installation view at exhibition “Celsius”

Seishu Niihira – Niihira is the youngest of all the participating artists and earning a Ph.D. in painting from Kyoto City University of Arts, the oldest art university in Japan. For this exhibition, he has transformed a video of William John Evans’ musical performance into 20 separate flat screens as his paintings. Confronting the varying noises made by the video content against the appearance of the jazz musician, his subjects are constantly in motion having a sense of speed. It is magical.

新平誠洙 : 今回、参加作家の中で一番の若手にあたる新平氏。現在も京都市立芸術大学大学院にて絵画専攻博士号の取得にいそしむ彼が今回出品するシリーズの世界観はビジュアルアートにより近い。展示のために1か月で作りあげた20枚の作品。それは、20コマに分割した、William John Evansの演奏風景の映像。映像内のノイズの変化がEvansの演奏の様子と対峙される。ノイズが直線となり、平面作品にある速度を感じられるこのシリーズは、1回聴き終えた音楽や見終えた画像をまた再生する瞬間のように、いろいろなポイントで立ち返りたいと思わせる機会を鑑賞者に与える。

hyslom_穴相撲_300 -hyslom, “Sumo in a hole / 穴相撲 “, 2013, video, 5’00”

hyslom – hyslom, the artist trio of Itaru Kato, Fuminori Hoshino and Yuu Yoshida should be described as audacious explorers. With a primary focus on video installation for this exhibition, viewers will enjoy and be surprised at artists’ technique associated with the film – which is beautiful with a strange aura – and what artists’ working materials are. Those are mostly industrial waste and the unconsolidated areas where is under the land development. With a long-termed research on anthropological field to connect with their visions for and questions individual’s behavioral response, their seemingly-impromptu outside performances create a form that invites viewers to be acutely aware of being in the present like how every single thing is taking place in this moment.

hyslom (ヒスロム) : 加藤至氏、星野文紀氏、吉田祐氏によるアーティストユニット。映像、写真、パフォーマンス作品を制作する彼らの今回の展示作品の中心は、映像。作品のもつ透明性と、人の自然な感情を引き出し、えぐるような瞬間を併せ持つ構成に圧倒される。山から都市に移り変わるエリアを探索しつづける途中で彼らの出会うもの、触れるもの、開拓するもの、はすべて体現化される。それは、産業廃棄物に囲まれてみたりと、とてつもなく危険に満ちていて、またどこかで現代の情報社会に生きる各人に欠乏しているかもしれないものに訴えかける部分を持つ。「その瞬間に出会うもの、体験すること」=「今この瞬間」への意識。一時が万事となることへの焦燥感。新しい何かを作り出すこと、変化を試みることへの意欲、開拓の途中に出会う未知の事象・・それらは不思議で美しい流動性をもちながら、鑑賞者の心理へ作用する。

miyazaki -Naotaka Miyazaki, installation view at exhibition “Celsius”

Naotaka Miyazaki – Miyazaki’s creation entitled “Nine public organs” is actually NOT about human organs, but it is the installation to give us opportunities to see something invisible in real life, such as air, pressure and the relative scope relation between the two. Visitors, up to nine people at one time, get to experience, weighted with curiosity of sequence of events; it is really fun. Aside from the concept presented, the wide selection of his medium such as tube, syringe and vintage glass bottle in many different shapes is not just amusing but is elaborately set up.

宮崎直孝 :「公的内臓 9組の手のためのモデル 」と称されたインスタレーション作品は、不可視な物を可視にするための装置。この装置は、空気や圧力などの相対的な関係を1人から最高で9人同時に体験できる非常に大掛かりなもの。注意深く選ばれた様々な色の風船、色々な形状のビン、注射器、ゴムチューブの特性を生かしながら精巧に組み立てられた作品は、わたしたちの住む複雑な世界全体のことを示唆しつつ、世の中に存在する事象が相対的であることを証明するものとして、鑑賞者が新たな表現の間口に触れることのできる瞬間に満ちている。

tanaka -Shingo Tanaka, installation view at exhibition “Celsius”

Shingo Tanaka – Tanaka has a genuine interest in the phenomenon of ‘combustion’ and his work is fragile beauty like what we see in “Trans (cube #009)”, which is on view at exhibition. Standing in front of the installation made of paper and wooden panel being partially flamed, what would viewers initially imagine for this form of art? It is artist’s challenge to break down stereotypes like some people might recognize this as a sculpture and other could think that it is a flower/plant-inspired object made of cray :: his world is full of surprise and makes us notice how people are open to a variety of influences like memories and experiences — and it is all there to find the value in possibility of creativity. Beautiful.

田中真吾 :「燃焼する」現象に強く関心を持ち続ける田中氏の火を対象にした展示作品は、鑑賞者にある種の戸惑いを与えるかもしれない。それは具体的な何かを表現するために燃やされたわけではなく、ある媒介を純粋に燃やしたあとに自然発生するものの中に美しさを追求するという表現。紙と木製パネルを使用した展示作品「Trans (cube #009)」は、燃焼により露出された形状が風でも吹いたら変形するのではないかというような危うさや一時的な恐れを含めながら、非常に繊細な美しさを持つ。まるで彫刻作品のように見える表現方法に、驚きと、実世界で起こる現象への新たな発見の時間をもたらす。

-MAIKO

:: Group Exhibition “Celsius” is on view at CASHI, located at 2-5-18 Nihonbashi-Bakurocho, Chuo-ku in Tokyo until Sunday the 27th of September, 2015. Also, the reception party for exhibition will be held on Saturday, the 12th of September from 6pm to 8pm, if you’re around or planning on a Tokyo trip for that week.

:: グループ展「Celsius」は、CASHIにて9月27日(日)までの会期で開催中。
また、レセプションパーティが9月12日(土)、18:00‐20:00の時間枠で行われます。ギャラリー情報、その他詳細はこちらをご覧ください。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s

Instagram Journey

#lastmonthof1 #23monthsold #daughter #sheisnotababyanymore ・ she just opened up the page of last month of one year old today :: i think will feel more special each day until the day she becomes two, with the things she will acheive from now on☺️ ・ 娘、1歳11ヶ月になりました☺️ まだまだイヤイヤ期真っ最中、 でも弟への愛着は日ごとに増すようで、 静かなときは息子の隣にいる確率高め😂 #1枚目はよくある図 #プールの監視員風 ・ 前1ヶ月を振り返り、 娘+息子のセットの写真はたくさん撮っているが娘1人の写真が減っている😨😵 #これって #2児ママあるある ? #それともわたしが怠惰だから ?🐮 とにかく焦りました ・ もっと娘にフォーカスしなきゃだわ、 毎日ガミガミ怒りすぎて本当ごめんね ・・・と思った数秒後、 娘がわたしの腕に展示したのは、鼻○そ #結局また怒りそうになる ・ それにしても、あと1ヶ月で2歳って💦 まだ抱っこはできるサイズ、 でもその節目の持つ大きい意味が 急にうれしさと寂しさを連れてきた #ほんとに急 2歳までの時間に、何ができるかな? #2枚目ダンス自主練中 😂 #3枚目ピース✌️ #弟をあいあいと呼ぶように #トイトレ来週開始予定 ・ ・ ・ #1歳11ヶ月#もうすぐ2歳 #成長記録#育児記録 #ママライフ#2児ママ #娘#姉弟 #親バカ部#バイリンガル育児
#newlyopened #hairsalon #brandnewdays #omotesando #ourhairdresser ・ Our favorite guy @yuuta_inoue_ just opened his first hairsalon in Omotesando this past April, and finally daughter and I got visiting :: Congrats Yuuta, we are loving our hairs and thank you for having taken care of my hair long time - 4 years so far and will still be counting💙 ・ いつも癒しの時間と気分があがる髪型を提供してくれる @yuuta_inoue_ さん 彼に髪のお世話をしてもらって4年 浮気ぐせのあるわたしには、それはものすごく貴重なこと😳 今年からは、娘の髪型もお願いすることに ・ ほんとにいつ会っても癒されるの!! 4月にオープンしたばかりの彼のヘアサロン @brandnewdays_tokyo も素敵な場所だった 無駄のない色あいの内装に レトロな小物や家具、きめ細やかなお仕事ぶりが映える ・ 紫外線の強い季節に髪色がぐんと明るくなり、最近伸びが早い娘の髪 #天然金髪メッシュ発生中 産後すでに始まっている抜け毛ラッシュ、そしてもともとの多毛が残念な母の髪 #むしろ筆作りたい お互い、きれいにしてもらって気分はサイコー😍🙌 ・ 表参道エリアでヘアサロンお探しのかた、是非是非 @brandnewdays_tokyo に足を運んでみてください✨ ・ ・ ・ #1歳10ヶ月 #親子で #ヘアサロン #表参道 #新店舗 #ベビーカーok #地上階 #路面店 #娘 #髪型 #つむじ二つ #後ろ髪は伸ばし中
#backtowork #finallyweekend #kidslearning #japanesecalligraphy ・ With my little students' lovely faces, I am happy to have gotten back into teaching/writing groove this week :: 🖌️✏️ also, wonderful to know that daughter tried to get along with son while i was at work💙 ・ 今週から子ども書道教室のレッスンを再開しています 去年の4月に自宅の一室でひっそり始めたお教室が1周年を迎え、 今年度はお教室を2つのロケーションに分けることにしました🖌️✏️ ・ これまで基本的にレッスンに同席していた娘、 でも今年度レッスンの始まりの日はちょっといろんなことを客観視できる環境がほしかったので、 実家へ初めて預ける ・ すると母から、娘が息子のお世話頑張ろうとしてるよ~の画像つきメッセージ📱 #やめて涙出る そして去年から継続の生徒さんから、 「まいこ先生~今日すかいちゃんは??お習字嫌いなんですかー?😢」 ・・との娘の所在を確認する質問 #まだ文字も書いてない1歳ですけどね😂 などなど、人は手を取り合い成長していくんだ、とつくづく思った時間でした ・ 久しぶりに会う生徒さん、 今年度からレッスン参加の生徒さん、 いろんな表情を見せてくれてありがとう ・ 文字には魂が宿る その美しい文化を子どもたちにどうしたらうまく伝えられるか、毎日考えています わたし自身の子どもたちだけでなく、いまの世代の子どもたちみんなにも😊 #画像1と2生徒さん課題練習の一部から #画像3おせっかい姉さん風の娘 ・ ・ ・ #こども #書道 #幼児 #小学生 #教えて教わる #2児ママ #ママライフ #書道教室 #鷺沼 #たまプラーザ
"I am one month old today and love kicking my mother👣" #oops ・ 「ひょえー!😱 外に飛び出してからもう1ヶ月経っちゃったよ~」 ・ 本日、生後1ヶ月となった息子くん お天気も回復して、ゆったり1ヶ月検診へ行けたね👶 あれっ、付き添いの娘も待ち合いで熟睡😮 #まさか #毎日1まさか ま、とりあえず息子は健康でした🤣 娘の生後1ヶ月時より、身長1.5cm低かったけど、これからどうなるかな😇 ・ そして、表情の種類が急に増えてきた息子の驚き顔 ブレブレだけど何か今にも喋りだしそう感いっぱいで母のお気に入り #親バカすみません 生後2ヶ月目も楽しみだ~ ・ ・ ・ #成長記録 #生後1ヶ月 #赤ちゃんのいる生活 #2児ママ #息子 #男の子
#boysday #japaneseholiday #newborn 本日、こどもの日 息子のふにゃふにゃほわほわ~の 貴重な新生児期に、母まさかの39℃発熱 #さすが本厄👻 #抱っこしすぎによる筋肉痛ではなかった👵 というわけで、 初めての端午の節句のお祝いは 来年に回すことに🎏 ・ さて、 産まれたときから かなりスポーツ刈りな息子くん #衝撃の多毛 最近音の聞こえる方へ顔を向けるようになり、 その時とくに表情の種類が増えて 母はとても楽しい😂😍 来年のこどもの日は、もういっしょに走り回れるかな~ wrap : @hakkakids romper : @bondsbumpsandbaby #bondsbaby ・ ・ ・ #こどもの日#新生児 #男の子 #成長記録 #親バカ部
#marlmarl_cd #marlmarl #webmodel #1y7m #19months ・ マールマールさんから、撮影データが届きました🥀 ※フィルター使用などの加工は一切していませんが、投稿のためにデータサイズを小さめにさせていただいてます ・ そして現在、マールマールさんのウェブサイトにひょっこり、掲載させていただいてます😍 ・ 着用のアイテムは、わたしも大好きな色合い💜 1日1成長する子どもたちを、 どの角度からも華やかでシックに仕上げるマールマールさんのアイテム、スタイリング、スタッフの皆さんの笑顔すべてが、ほんとうに素敵 ・ ・ ・ #1歳7ヶ月 (撮影時) #ベビーモデル #成長記録 #親バカ部
#20months #1y10m #daughter #toddlerlife ・ 娘1歳10か月になりました #もう数日過ぎてますが😅 ・ 娘の月齢が増える間に息子が生まれ、夫は激務 わたしは子ども二人を連れて #プチ里帰り #3駅向こうの実家ですが←えっ #今ぐらい甘えさせて🙏 ・ でもこの期間限定のくらし 人の手が増えることって本当に感謝! 娘は生活の場所が変わったことで 自分にできることを新しく探し #いたずらも含まれます🙊 コミュニケーションの方法が毎日急速に増えている ・ 娘が新しくできるようになったことの中で、 母のお気に入りはこれ: #親ばかですみません🙏 👩「すーちゃん何か飲むー?」 👧「にゅうにゅ!」 👩「なあに❓」 👧「にゅ!👆」(牛乳を指している) ・・・そしてコップに注ぎたがるという流れ そのようにして我が家の牛乳消費量はぐんぐん上がるのでした😂 ・ ひとり増えた子どもとの生活との上手な時間の使い方はまだ見いだせていないわたしですが、 娘の1歳10ヶ月のひとつきも いろいろ楽しみだなー💙 #1歳10ヶ月 #生後22ヶ月 #一姫二太郎ママ #育児記録 #成長記録 #ママライフ #娘 #牛乳大好き
#oshichiya #celebration #7daysafterbirth #namewriting #kanji #japanesecalligraphy just picked two of our favorite kanjis for son's name & wrote on paper to celebrate the safe arrival of baby boy today🖌️ ・ お七夜にあたり、 息子の名前を書きました🖌️ #画数多いね #マミーにも難しいわこりゃ👻 ・ 娘の名前に使っている漢字のひとつ、 「空」、と息子の名前がうまく繋がらないかなと頭をひねっていたわたし 夜が更けていく時間の、深い青の空を 「藍色の空」 と呼ぶのを知って、 息子の名前に是非この字を使いたいと思いました ・ そういえば あいらが産まれた時間は午前5:58分😳 そのときの空は、藍色だったのかな? ・ ・ ・ #お七夜 #命名書 #育児記録 #ママライフ #和の文化を次世代へ #書道 #男の子 #息子 #赤ちゃんのいる生活 #4月生まれ #2018年4月

Follow Maiko on Twitter

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.

Join 105 other followers

Follow MAIKO COLORS on WordPress.com
%d bloggers like this: