MAIKO COLORS

— ART, FASHION & MORE !

The documentation photograph of the Japanese avant-garde art and performance by Mitsutoshi Hanaga (1964-1973) : AOYAMA | MEGURO

【Japanese version is below; 日本語は下にあります。】

The Nakameguro Gallery AOYAMA | MEGURO’s current exhibition, entitled “Mitsutoshi Hanaga : The documentation photograph of the Japanese avant-garde art and performance by Mitsutoshi Hanaga (1964-1973)”, makes immense contribution to art history in Japan, especially of the post-World War years , to re-educate viewers about periods of spectacular economic growth started in the late ‘50s. With full of energy and enthusiasm among the people and visual scenes captured in the photographs, the collection as a whole consists of approximately 3000 pieces and this time the gallery has picked 400 pieces to display all over the walls of gallery for one exhibition.
This is the second exhibition of several stages represented the best tribute to artist Mitsutoshi Hanaga and his unreleased photographs. According to the gallery, Hanaga had been putting his everyday visions into photographs during ‘60s – ‘80s and anything/anyone that had come within his field of vision immediately became objects and part of his working materials, no matter if he did not know when to release and when people would need those to look at the history of creative/aesthetic activity drive. So that’s why he had so many people like spontaneous conversations on a staggering volume of nearly three decades of his narrative photo diaries. The exhibition is thick with (dramatic) tension.
Since the passing of artist, all of the photographical negative films was stored with silence for a while. However, Japanese artists that represent the periods of ‘60s and ‘70s including Tadanori Yokoo and Yayoi Kusama have domestically/internationally attracted rising attention for recent years and that made the gallery interested in the possibilities of displaying a form, as the necessary documentation linking to those periods. It’s been taking the director of gallery and other people involved in this project including Hanaga’s family and artist friends some time to check the contents and datas against the films, but I believe this exhibition is a must-go and viewers will think about that Hanaga’s world has a high affinity for social realism.

whole

中目黒にあるギャラリーAOYAMA | MEGUROでの現行の展覧会「羽永 光利:羽永光利による前衛芸術の ‘現場’ (1964-1973)」は、おびただしい緊張感と臨場感が同時に存在する場所。故・羽永光利氏が生前撮りためていた未発表の推定3000点に及ぶ風景・・・それはおおよそ50年前の日本を基点として、当時の「芸術」と分類された分野の持つ役割、その創作・発表の場の特性の変遷、そこに関わる人間模様、すべてが捉えられたドキュメンタリー作品として、無差別に選ばれた被写体との緊密な距離感を伝える。それは教科書では学ぶことは難しいであろう、日本の芸術の歴史についての貴重な記録物の宝庫。

近年までネガの状態で眠っていたこれらの風景を露出するのに、展示数が膨大過ぎて、全てをプリントすることは現時点では不可能であった。その代わりとして画廊は、1シーンごとにA4サイズ記録紙にプリントするという、かなり地道でいながら、風景をよりよく並べてみやすいように考慮された方法をとっている。今回の展示では、400点が選出された。記録されたシーンはまだ調査が必要な領域のものさえあるため、この展示は今後もシリーズ化して公開することを予定している。

1950年代後半から80年代にかけての日本は戦後の混乱期を抜け出し、高度経済成長へと突き進んだ時代。そして、表現の自由を追求する芸術家たちと、現代に比べると芸術作品を発表する場や機会に乏しかった現実。その間に芸術家たちの追求、混乱、フラストレーションが行きかう場所の交角から生まれた作品とエネルギーは、一瞬鑑賞者に疎外感を与える勢いさえある。それは人間の熱気が織り成す、カオス。
そのようにして羽永氏のとらえた風景が物語る創造性の可能性は、計り知れない。日本の芸術史の変遷、そして過渡期の情報に大きく貢献するものだ。これらの、時代の風を吸い込んだ情景たちは、日本社会と「芸術」という分野の関わりについて知ることができるだけでなく、今の時代私たちが持てる表現の選択肢の広さとそれがどのように作用していて、よりよい運用の場とは何なのか、考える時間をもたらすだろう。そして同時に、羽永氏の軌跡は彼の生前を知らない世代の人々にも愛され、さらに輝きを増す。-MAIKO

-Exhibition “Mitsutoshi Hanaga : The documentation photograph of the Japanese avant-garde art and performance by Mitsutoshi Hanaga (1964-1973)” is on view at AOYAMA|MEGURO, located at 2-30-6 Kamimeguro, Meguro-ku in Tokyo until Saturday the 22th of August, 2015.

-展示「羽永 光利:羽永 光利による前衛芸術の ‘現場’ (1964-1973)」は、AOYAMA|MEGURO にて8月22日(土)までの会期で開催中。ギャラリー情報はこちらを、アーティスト情報はこちらをご覧ください。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Instagram Journey

#lunchdate #playdate
#friendship #betweenus
#1yrolds #mommylife
・
・
楽しすぎた平日の昼下がり💙💜
ランチ&アドベンチャーを1歳児のママたち
@boboshkin07
@e.n.b.55 
@zoe_pumpkin_ 
@lea20170129 (上から下、子供の月齢順)
🍽️☕️🍼🌱🌲🌸🥀
といっしょに
・
かわいい子たちに囲まれてテンション上がるのはBBAだけではないらしく、
通常の約1.5倍活動力上昇の
我が家のモンスター
#マミーは他のマミーの話がなかなか聞けません
#そして
#やはりポテトとバーガーが冷めた
・
それにしてもこの激かわベビーたちが皆心優しい😍
#画像2その場をゆっくり見守ってくれる癒し系ボボちゃん
#画像3食べてるボーロを分けてくれるリアちゃん
#画像4嵐のように泣き驚き奇声を上げる娘を気にかけつつ表情がシンクロするセナちゃん
#画像5何か最近強引なスキンシップで仲間感を出す娘にいつもハッピーな対応のひゅーさん
きっと皆一心にマミーの愛を受けてるから、優しい子に育ってるのね✨
・
久々に子連れ+大勢で会うと
楽しいだけじゃなくて
いろいろ学ぶな~
ありがとう♥️だらけの1日
・
それにしても娘・・・
ハッピーすぎて10回ぐらいいっしょに滑り台滑ったよ😂
#しかも本当は3歳以上用
#さすがトムボーイ
あんまり滑りすぎると
もう👶出てきちゃうから
明日は休ませておくれー🙏
#休めるはずはないけれど
#一応妊婦
・
・
・
#成長記録
#ママライフ#同学年キッズ 
#グランツリー武蔵小杉
#もうすぐ2児ママ
#1歳 #妊娠9ヶ月 #妊娠33週 #kidsevent
#japanesecalligraphy
#march2018
#yokohama #aobaward #tamaplaza
・
ありがたいことに、新年度に向けてのお問い合わせがお教室に少しずつ増え始める日々、
春の近さをすごく感じます💮
3月に硬筆ワークショップを開催します!
今回は1日だけですが、よかったらお子さんとご相談のうえ、参加してくださいね💙💜詳細は下記です。

#Repost @__maikohowellcalligraphy (@get_repost)
・・・
今年度最後の出張イベントのお知らせです✏️
【硬筆ワークショップ】
小学生1年生(新2年生)まで対象、きれいな文字レッスン☆

このたび、まいこ書道教室は新年度の始まりを前に、イベントを開催します!
・
・
⚫️内容
硬筆ワークショップ
【小学1年生(新2年生)まで☆きれいな文字を書こう、お手紙出してみようワークショップ】
2017年度もあと少しで終わり。年度の変わり目は、お子さまの学年進級に合わせて習い事の見直しをされる時期ではないでしょうか。

文字学習を「お絵描き」の一部として捉えていらっしゃる幼稚園生の皆さんへ、
また、授業ベースでの断続的な書道教育が始まる前に「きれいな文字を書きたい!」と意欲が高まっている小学校1年生(新2年生)の皆さんへ、一歩上を行く体験レッスン

お友達どうし、ごきょうだいでの参加も歓迎いたします😊
※参加されるお子様の保護者様は、見学&出入り自由です。(お子様の打ち込む姿を眺めるもよし、カフェ内でお茶するもよし・・・✨)
カフェはキッズスペース完備のため、年の小さなごきょうだいをお連れの方にも安心です!
・
・
【日時】
3月11日(日) 15:00-17:00
【会場】
PEOPLEWISE CAFE (ピープルワイズカフェ) @peoplewisecafe
〒225-0002 横浜市青葉区美しが丘2-23-1
WISE Living Lab ひがしBASE ※美しが丘公園となり
【参加費】
¥2500 
キッズドリンクワンオーダー +
撮影データ3点込み →ワークショップご参加の撮影は、中野にあるフォトスタジオSTAYGOLD PHOTO STUDIOの高田昌和さん @staygoldphotostudio が担当します😊
【持ち物】
手ぶらでお越しください
※お気に入りの文房具のお持ち込みは大歓迎です💙
・
・
【予約について】
本アカウントプロフィールに添付しているURLアドレスをクリック
→
各種体験レッスンが表示されるので、
2番目の硬筆ワークショップへ進む
→
ピンクの「体験レッスンに予約する」をクリック
→
予約ページに飛ぶので、
ご希望の日時ほかご入力ください
→
完了です!メール受付後、予約状況確認の上ご連絡させていただきます。
※ダイレクトメッセージでの応募は、受け付けておりません。

年度が終わる安堵感と新しい年度に向けての準備と習い事の見直し、両方があるこの時季に、ご一緒できたら幸せです!
皆さまのご参加お待ちしております🙌

#書道 #硬筆
#3月#新年度準備 
#ワークショップ #イベント
#こども #幼児
#小学生
#まいこ書道教室
#たまプラーザ
#横浜市青葉区
#和の文化を次世代へ #valentinesday2018 
#bemyvalentine 
#heartshaped 
#handmade
#mommylife ・
最近今までよりはるかに
表情と発声の種類が急速に増えつつある娘
新しいシリーズのひとつ、#ちぃーす
#どこで覚えてきたのよ
#カチューシャとの温度差
・
さてバレンタインデー、みなさんはどんな1日でしたか?🌹
我が家は少しだけ飾りつけをして💘、
少しだけ赤いものを身につけて♥️、
少しだけ赤いものを食べて🥗🍝、
少しだけ甘いものを作りました🍫
#少しずつ少しずつ
・
それにしても、チョコレートまだ食べたいな🤤🤤🤤
#娘の食欲を言い訳に体重管理が出来ない母
#妊婦あるある
#チョコレート売り場へ足が向く
・
・
・
#バレンタイン#バレンタイン2018
#1歳7ヶ月#1y7m#19monthsold
#妊娠9ヶ月#もうすぐ2児ママ
#ママライフ#手作りバレンタイン
#♥️#はーと #seasonofplums #springhascome
#postvalentinesday 
#lastdatebeforebirth #9monthspregnant
#1y7m
#downtowntokyo
・
立春も過ぎ、日中の暖かさに心が踊った3連休✨
都心には珍しいドカ雪まで降って寒さを体感しまくった今回の冬が終わるんだなあ、と思いつつ
一気に楽しみと緊張感が訪れるように
#妊娠9ヶ月突入😳
#ひも靴はおあずけ
#妊婦あるある
・
これからほんとにしばらく
ゆっくりできなくなりそうだから、と
実家に娘を預け
文京梅まつりへ🌸
#ありがたや孫パワー
#画像1ギャルスマイル習得中の図
#いぇーい
・
夫とわたしは梅を見ながら
ものすごい早さでたこ焼を食す👱👩
#テンションmax
#でも結局食い気
・
桜の美しさはもちろん毎年大好きなんだけれども、
寒さを抜け出そうとする時期に一生懸命咲く梅がわたしにはもっと魅力的に感じる😚
・
基本夫もわたしも忙しくしているのが好きでばたばたの我が家、
でもそれが原因で歯車が合わなくなって1日の終わりに倍ぐったり、がよくある😌
無理矢理にでも二人の時間を作って
好きなものに囲まれながら
じっくり話をするのが
やっぱり大切だなあと思った1日
#同じネタで笑うことも多々あるが
#そして
#無駄に後光が差した自撮りすみません🙏
・
お留守番の娘にありがとう🌸
赤ちゃんの来る日がどんどん近づいている中、
ダディとマミーは何かよいものを取り戻せた気がします😁
・
・
・
#湯島天神 #文京梅まつり
#国際結婚 #夫婦の時間
#もうすぐ2児ママ playing hard & looking forward to the new season💜❤️💜
・
昼間が暖かい日、うれしくて仕方ない人👶
エネルギーが分散されるスピードが早くなる😳
・
それにしてもこのグレーのトーンとふんわりのバランスすごく好き ::
娘と母、同時に心くすぐられました❤️💜❤️
・
#marlmarl #marlmarl_cd 
#babyfashion #kidsfashion
#19monthold #1y7m #tb #throwback2017
#hoodiegirl
・
time to do some hoodie challenge👋・・・ with a memory of my daughter😇

美人姉妹ちゃんの成長について、
2児のママの日々について、
アメリカ生活について、
をいつも素敵に描写してらっしゃる みほさん ( @miho.land ) から #フードバトン いただきました😇 ありがとうございます💕
#ママが美しいから美人姉妹生まれるわけだ😍
・
さて、娘のフード姿🤔
もう少し赤ちゃんだったころ
薄毛隠し (←多毛の母によるやや上から目線)
に被せてたはずなんだけどな~
#意外と見当たらない
#探し中一旦寝ました
#妊婦と言う言い訳
・
こちらは #1歳5ヶ月 の娘、
大したことは起こっていないが
尻もちついたのでSOSを求める図🙃
#うそ泣き
#10秒前
#抱っこ~
#その手にはひっかかりませんてば
・
うちの場合は、髪形迷子回避のため
フードを利用する率が上がったようです😂

バトン回します💙💜
タグ付けしますが、皆忙しいのでスルーしても大丈夫です👋& もし複数回同じお誘い来ていたりしたらすみません~ Tokyo had another snowfall last night, we are feeling equally frozen & excited ❄️ :: here's a bit of longing for warm months, daughter in @maarook.wonderapartment 's catalogue for their ss18 collection🌸
・
今年2回目の雪❄️
明日を境に暦の上では春とは、信じられないー🌸
・
娘、maarook2018年春夏物コレクションにて💻📷
(連投すみません💦)
こちらも #1歳2ヶ月 + 歩き始め の頃に撮影
・
マルークさん、イエッテさん、
素敵な機会をありがとうございました😊
#maarook#マルーク
#イエッテ#カタログモデル#ベビーモデル It's February & that time of year when we start some spring shopping :: just found daughter in @maarook.wonderapartment 's catalogue for their ss18 collection🌸
・
2月の始まり
今日もすごく寒いけど、途端に春夏物を買いたくなるー🌸
・
娘、maarook2018年春夏コレクションにて💻📷 撮影時は #1歳2ヶ月 + 歩き始めの頃、
ぷよっと感がすでに懐かしいです🎀💦
・
#maarook#カタログモデル#ベビーモデル
#マルーク#イエッテ

Follow Maiko on Twitter

Enter your email address to follow this blog and receive notifications of new posts by email.

Join 105 other followers

Follow MAIKO COLORS on WordPress.com
%d bloggers like this: